アルツハイマー病医療の市場規模

世界における正確なアルツハイマー病患者数は分かりませんが、少なくとも3,000万人を超えると推測されます。約5,000万人という人もいます。その前段階の軽度認知障害(MCI)も同程度でしょう。さらにその前の前臨床性アルツハイマー病は5,000万人を超えるのではないでしょうか。つまり、診断と予防の対象は1億人を超えると言ってよいでしょう。簡便な発症前診断法が確立されれば、約5,000億円の市場規模が予想されます。予防薬は5兆円を超えるでしょう。有効な治療薬はそれ以上だと予測します。

今は米国が一番大きな市場ですが、いずれ、中国、そして、インドが最大の市場になるでしょう。中国の認知症患者数はすでに1,000万人を超えているという情報もあります。中国は急速に少子高齢化しています。中国文化(儒教)が高齢者を切り捨てることはないでしょうから、中国経済は大幅に悪化するでしょう。

オリジナルホームページへ

KIF_4831

Bradley Hyman and Karen Ashe.