水木しげるさん

水木しげるさんが亡くなりました

 水木さんは、他の漫画家と違って、徹夜を全くしなかったそうです。それで、片腕を失いながらも93歳まで長生きしたと。シンプルな健康哲学ですね。

 戦場で片腕を失うことがどれほどの苦痛だったか、私には想像もできません。南方のジャングルには医者もいなかったでしょう。そしてその後の人生も・・・漫画を描くことだってだって、左腕がないことは相当不自由だったはずです。

 水木さんは、鬼太郎や他の漫画を通して様々のメッセージを残しましたが、彼自身の生き方そのものが最大のメッセージだったと思います。なかなか一言では言えませんが、「逆境に負けず、強くたくましく生きる」と言うことではなかったでしょうか。

 いつの時代も人間は競争の中で生きていて、それは辛いこともありますが、水木さんが経験したことに比べれば、たいしたことはないと思います。大往生した水木さんは、一生をかけて私たちを励まし勇気づけてくれたのだと思います。