協調と競争

私たちは、世界中のグループと共同研究を行っています。その結果、時として共同研究相手が競争相手になってしまうことがあります。サイエンスとはそういうものです。しかし、競争があった方が研究分野全体の進行は速くなります。疾患研究は、その方が結果として人類に貢献します。だから、私たちの信念は「協調と競争」です。もちろん、この競争に勝つ自信はあります。前述のライバルDenis J. Selkoeからも共同研究の申し入れがありました。快諾しました。

一つだけ問題があります。文書で交わした約束(目的以外に使用しないことや第三者に無断で供与しないことなど)を破る研究者がいることです。欧米にはほとんどそのような人はいませんが、中国の一部の研究者には悪しき前例があるようです。研究の世界にもチャイナリスクはあります。残念なことです。台湾・韓国・香港の研究者はそのようなことはないと思っています。

オリジナルホームページへ

KIF_4810

Sangram Sisodia and Denis J. Selkoe.